読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

このブログについて。(先頭固定記事)

このブログは、クラブ通いが好きなアラサーの女が、日々クラブナンパでお持ち帰りした(された?)日記的なものを書いていくところです。
行かない時期は数ヶ月間行かないこともありますが、頻繁に行く時期は週1回ぐらい通ってます。
場所はだいたい六本木か銀座かな。

クラブナンパについては、男性の立場から「どうしたらナンパ成功するか?」という視点で書いたブログはそれなりにあっても、女性の視点からが書いたものはあまりないみたいなので、作ってみようと思いました。
ナンパする男性のヒントになるかどうかは、ちょっと分かりません。。

読んでくれる方がいれば幸いです。

3月10日(金)

先週末がレディースデーだったので、一週間空いてしまいました。

平日の夜はセフレ君と会ったりしてたんですがそれはそれで。

今回思ったこと:女の勘(?)はすごい。だいたい、クラブに入ってパッと見て最初にいいなぁと思った人を(途中迷っても)最終的には引っ掛けている。

こうなるともはや口説きのテクニックとかってあんまり関係ないのかもしれない…。

その、最初にいいなぁと思った人にうちの家来ない?と言われて全然オッケーだったんですが、正直時間が早くてもうちょっとだけ遊びたかったので「30分待ってくれたら行く」と言って、その隙に別の人とイチャイチャしていけそうだったので連絡先交換してきました。今考えるとよく待ってくれたなぁと思います…

で、普通にその人のマンションに持ち帰られミッションコンプリート。別れ際には連絡先交換したので、セフレとして継続できそうな気がします。

別の人とはまた別アポ予定ですねー。

来週もまた頑張ります。

今日のクラブは

友達と行くのでお持ち帰りはなし。残念。

友達グダです。

2月18日(土)のラッキーなお持ち帰り。

忙しくて少し書くのが遅くなってしまいました。先週の土曜日、クラブ活動行ってきました。

結果はもちろんいつもの通りです。

というか、クラブナンパを頑張っている男性の皆さんには大変申し訳ないですが、私のお持ち帰り成功率は、今までのクラブ人生で、100パーセントです。笑 そのつもりで行ったら絶対に持ち帰ります。

(普通の友達と行く時は最初からお持ち帰りしないと決めてるのと、いい人がいない時は日付跨がず帰るのでノーカウントで。。)

まあ、男女の人数比率なんかを考えたら当たり前なので、自慢にならないんですけど。

 

クラブに入って即、2人組の方にVIPシートに誘っていただいたんですが(そういう、入口で新規客を待ち構えてるのってナンパテクの一つなんでしょうか)、私はシャンパンが全然飲めないので、VIPはいつもお断りしてしまいます。その人で行くと決めたならまだしも、フロアも物色したいしね。むしろそっちがメインの理由だったり。

1~2人と話したり、踊ったり、ドリンクを買ってもらったり(本当すみません!自分から言い出したんじゃないよ!)、キスしたり、イチャイチャ。

私のチャラさは周囲に伝わるようで、無言で手を握って引っ張ってきた人がいたけど、そういうのはスルー。

男性側は「この女、さっき男とイチャついてたな」っていうの見てますよね。

そこで「こいつイケそう」と思われてナンパされやすくなるか、「ビッチきめぇ」と避けられるか、受け止め方は人によって違うんでしょうが、私は何となくハードルを下げるためにイチャついておきます。。

それから少し壁際で休んでいると、今度は3人組の男性グループに話しかけられる。

そのうちの1人がですね、なんと、クラブに入ってきた時にチラッと見えて気になっていた人だったんです。

しかも、まさにその人が私と話したそうな雰囲気を醸し出している。というか、その人が話したいから残りの2人もついてきましたっていう雰囲気がすごい。なので、速攻引きはがして2人だけで話しました。踊りながら胸とか揉んできたのでこれはもういきたいんだね~!いい子だね~!と確信。私ラッキー。

1時くらいでもう踊り疲れてきてたので、締めの作業に入りました。

事前に、どこに住んでるのか?明日は仕事じゃないか?というのは確認済み。

「今日は朝まで踊りたいの?」と聞くと、「みかさんがどうしたいかによる」との返事。。私ニヤニヤ。相手もニヤニヤ。2人でニヤニヤ。。

私にはホテル行きたい以外の選択肢はなかったので、しっかりとお持ち帰りさせていただきました。

途中で私の持ってたゴムが小さすぎ事件とかも起きたんですけど(相手も持ってたので助かった)、着いて2回、朝起きて1回で合計3回もやらかしてしまい、元を取った感じがあります。

2月10日(金)の目移りからのお持ち帰り。【追記あり。】

先週お休みしたのでクラブ行きたくて仕方なかったんですが、昨日ようやく行ってこれました。

いいなって思う男の子が複数いたのでかなり目移りしつつ1人お持ち帰りです。あまり寝れなかった。今、すごく眠い。

すごくどうでもいい情報ですが私、VIO完全脱毛してるので、たぶん珍しいのかな、ずっと舐められていた。笑

あと、他にLINEも交換したのでこれはまた後日改めてアポイントですねー。

 

(追記)

後になって思ったこと:男性視点からですけど、お持ち帰りするには、とりあえずクラブ内でキスまでしておくことが必要なのかなと思いました。キスできれば必ずお持ち帰りできるってわけじゃないけど、キスできない関係性ならお持ち帰りは無理ですよね。

というのは、結構長く話して仲良くなって、でも言葉だけで口説いてきて(寝たいってはっきり言われたんですけどね…)接触は手をつなぐまでしかしなかった人と、そこまで長く話してないけどすぐに雰囲気作ってキスしてきた人を比べて、外見的な私の食いつきは同じぐらいだったところ、後者を選んじゃいました。なんというか、接触がないとスイッチが入らないというか…この人の唇柔らかいなー、って思った瞬間に心決まりました。もちろん、目移りして悩んでたっていうのが前提にあるので、これが悩む余地なく好みな相手だったら、私から攻めて行ってたと思いますけど。

 

私が連絡先交換するのは基本的に、お持ち帰りした後でセフレ関係続けたい場合か、今晩めっちゃ行きたいけど私の体が一つしかないから仕方ない!!って場合だけなので、いわゆる「声かけてすぐ番号ゲットだけして放流」ってのにはお応えしてないです。。

 

明日は結構久しぶりのセフレのC君と会うので今夜はよく寝ます。

今週はお休み…

レディースデーなんで、行きたいけど今週はクラブ行かないことにしました。

というか、2~3日前にセフレなW君と会って、生理なのは分かってたんですがどうしてもやりたく 笑 やってしまったところ、血まみれになっちゃったんですよ。ラブホのシーツも汚してしまい本当に申し訳なかった。。渋谷のあのホテルの方ごめんなさい。あのショックがまだ冷めないところなので、クラブはまた来週にします。

ついでに、これはずっと疑問だったんですが、セックスお断りの理由として(本当かどうかともかくとして)生理だからダメ、って言われたら、男性側はどう崩すんですかね?無理やり脱がせて確かめるわけにいかないし。

1月某金曜日、ナンパ初心者?の可愛い子をお持ち帰り。

先日、出張で大阪に行く機会があったので、ついでに道頓堀近くのクラブに行ってきました。箱自体は初めてのところでした。

東京と大阪のクラブで雰囲気が違うか?と言われると、音楽の傾向とかノリとか違うのかもしれませんが、私にはあまり分かりません…。

私のやることはどこでも同じです。笑

例のごとくいい感じの男の子をナンパしてみたのですが(またA君としますね)、このA君、いちゃいちゃスキンシップはしてくれるんですけど、同時にわりとガチで音楽好きで踊りたくて来た系の人?だったみたいです。彼も地元の人ではなくて大阪のクラブに来たのが初めてだったらしく、急に別のクラブ(HIPHOPメインで流れているところらしい…)に移動したいから一緒に行かない?と言われてしまいました。

そのとき既に1時前になっていまして、間の悪い…というよりは出張だったんで当然なんですが、翌日に仕事があった私は、あと2時間ぐらいでやることやって自分のホテルに帰りたかった。笑

なので、移動してまた少し踊ってから連れ出してたら時間かかるなぁと思い、放流してしまいました。あの時にクラブじゃなくて二人で別のところ行こうよ~って誘えば良かったのか、正解は何だったんだろう。一応別れ際にLINEは交換して、今もたまに話してるんですが、また会うことはあるかなぁ。

さて、A君は放流してしまったので、次にA君と話しながらもさりげなくアピールしておいたB君(童顔イケメン)に方針を変更。

ナンパする男性も同じようなこと考えてると思うんですが、狙った相手がダメだった時のためにこういう幅広い種まきが大事なんですよねたぶん。ただ私のアピールは大したことなくて、目を合わせてニコッとしたり手を振ったりするのを何回か繰り返す、です…。

B君は、私にドリンクをおごると言ってくれたんですが、私はお酒を全く飲まないので、オレンジジュースをお願いして、冗談っぽく「私はあんまりお金かからない女だからラッキーだったね」とか言うと、なんかガチ照れて?挙動不審になってた可愛い人でした。

あと、私を外に連れ出す時のセリフも「タバコ買いに行きたいからコンビニついてきて」という、そんな言い方どこに書いてあったんだろうというやつで、とにかく可愛かった。笑 ナンパ慣れてなかったのかな??

もちろん単にコンビニ行くだけじゃなくラブホ行って、やること終わったら私は自分のホテルに帰る(B君置いてく)っていう忙しい夜でした。